加齢臭対策で今すぐできることは?

男性の8割が自分の臭いが気になっている

 

40代以降の年齢になってくると、加齢臭が気になってきます。

 

若い時であれば夏に汗ばんで、汗臭いのではないかと気になる程度だったのが、40代以降の中年と呼ばれる年齢になってくると、汗臭いとはちょと感じが違う加齢臭のことが気になってきます。

 

お年寄りがたくさんいる場所に行くと、若い子がいる場所とは違う臭いがなんとなくしますが、

 

”ひょっとしたら自分からもこんな臭いが出ているのではないか?”
”自分もこんな臭いがしていて、年より臭いと思われているのではないか?”

 

と心配になってきます。

 

 

実際に、中年男性の8割が自分の加齢臭を気にしているといわれています。

 

女性にも増えている加齢臭の悩み

 

加齢臭の悩みは、中年男性だけでなく、年々、女性にも多くなっています。

 

加齢臭という言葉は、中年のおじさんだけのイメージが強いかもしれませんが、女性にも加齢臭はあり、それを気にする人も増えてきています。

 

男性に比べると女性は少し臭いが出始める年齢が高いということはありますが、加齢臭の悩みは同じです。男性にも、女性にも、40代を過ぎれば加齢臭の悩みは出てきます。

 

 

周りに不快な臭いを感じさせたくないというだけでなく、自分がそんな臭いが出てくるような年齢になってしまったのかという、寂しく情けない気持ちも出てきてしまいます。

 

加齢臭の原因はノネナール

 

加齢臭の原因は、脂肪酸」と「過酸化脂肪」が増えることで生成されるノネナールという成分だと言われていますが、加齢臭対策には、できるだけノネナールを増加させないようにする必要があります。

 

 

生活習慣で不摂生をしていると、コレステロールがたまり脂肪分が増えてきてしまいます。更にストレスがあると、体内の活性酸素が増加して、過酸化脂肪も増加してきます。

 

つまり脂肪酸と過酸化脂肪を増加させてしまうような、生活習慣での不摂生やストレスは、年齢によるノネナールの増加だけでなく、それ以上の原因をつくり出してしまっていることにもなります。

 

加齢臭の対策は?

 

加齢臭対策には、ノネナールの増加につながるような原因を、できるだけ減らすことが大事です。

 

生活習慣やストレスもそうですが、食事内容にも原因があります。

 

これは生活習慣病で食生活や運動不足が原因だと言われるのと同じように、高脂肪な食事を摂っていると、どうしても脂肪が増え、加齢臭が発生する原因をつくり出してしまっていることになります。

 

加齢臭の原因は、体の内側の健康状態に関係が深く、香水などを使って表面的な臭いを消した対策では一時的な効果でしかなく、根本的な対策と解決にはなりません。

 

表面的で一時的なことではなく、体の内側から改善することで、加齢臭の対策をしていきましょう!

 

 

身の回りのことでできる対策

 

  • 通気性の良い衣類を着る
  • タバコやアルコールなどの臭いのもとになるものを控える
  • 汗をかいたらそのままにせず拭く
  • ストレスをためないようにする
  • 規則正しい生活習慣をする
  • 適度な運動を心がける

 

 

食生活でできる対策

 

加齢臭の原因となる抗酸化作用のある成分を含んだ食事をする。

 

[抗酸化作用のある成分]
ビタミンC、ビタミンE
ポリフェノールやベータカロチン、カテキン、イソフラボン、セサミノール

 

[抗酸化作用のある食べ物]
味噌や豆腐などの大豆製品、わさび、しょうが、梅干し

 

グッズを使った対策

 

石鹸

クリーム

消臭スプレー